今を書こう

老いて行く今を記録

恐縮ですが、利き腕の右手が、思うように使えませんので、
失礼の段、再々かと存じますが、悪しからず、お付き合い下さいませ!

先日、多分、午後に配達がくるに違いないから、
午前中に肩の電気治療に行っておこう!
 
夫はグランドゴルフの日。
序でに医院まで送ってもらう!

帰りは、どうするのだ?と、言われるも行きたい。
バスか、歩くか。。。

治療が終わった後、歩く事にする!
駅に行ってバスの時間を見ると、あれまぁ。出た後。

まぁ、覚悟はしていたから、あるきだす!
図書館に行くエレベーターに乗り、電車を下に見て、図書館へ。
中に七夕飾り
B3C34B3D-2D06-4997-BB45-B907DA8E587E
階段を降りて、排水路の横道をあるく。
EA2BE465-5C1C-4918-94ED-CD85B6DC2411
立派な図書館だ。
震災時、この農業用排水路にも海水は、遡って来て土手に亀裂!

BE6E9D69-F702-4E1F-9CC8-2DA4577EB183
また、トコトコ歩いて、可愛いのが咲いていた。
ABF9BDA0-EEF0-4790-9A5C-CA7DF9A4F6D7
羨ましいなぁ!    お洒落なごみ収集ばしよ。
なんで羨ましい?  ( その内に書きたい、その訳を)
483A6CBC-CA5A-4A6E-8FBB-87F7D25D7866
町役場は、工事進行中
372AA084-5601-40FF-9C5F-93766979EF7D
昨年できた保育所!  廻廊?
B3682CE3-1D6C-4430-8503-AF23F9A929E6
なかなか、家には辿り着けない。
4B7366B8-44AE-4540-BA09-BA23684BD3F9
花はピンク
57F9C29C-8F2C-4D3A-9FFD-956AC0516722
ヒルガオ
A2B67D66-EC44-49C8-885F-4CB59A5C10E8
おっ!  電気工事中。
339666AD-0EEF-4946-879D-9F406322E048
スーパーが見えて来た。
A3F75225-3B49-43C9-9ABD-73FAB9C48211
ようやく、着いたところは。。。。後、10分も歩けば家だ!
0055229A-18C4-479A-A0E3-5A94367E905A
買い物は、やめておこう!
荷物持つ元気は?だ。  ここまで50分、途中サボりつつだからねー
以前は、40分くらいだった!

足が重たくなって来た。100均で甘いもの補給。スイカ🍉のグミ(^◇^)
9CE90C56-E8B4-4329-B820-DBE7B3960028

あるき出して、間もなく、アーーーーッ!
置いて来ちゃった。百均のカウンターに。。。スマホ!!!
慌てて、小走りで    (大きく走れないもーん)😱

やれやれ、ありました。ほっ!

さてさて、ここから10分位を歩くと、家だ。
04D57AA1-9582-48BF-A37E-5C36E9E9DAFD

また、田んぼの横道を歩いて撮る。
中身は何の虫?
526E6A9A-552B-4F7F-9427-C7FD0EA3BF7C
かわゆい!
1C4DB943-3010-44FE-8200-0F0014AB775E
風に揺られて、撮りにくーい( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
41CB2270-5B2E-4ED2-B113-46A1084C0A90
いえのうらにつきました!  かなりの足の重さ!!!
523E7CE5-09D7-4E84-A9C6-E5A42AB6A27D

後がありますので、明日に続く( ˊ̱˂˃ˋ̱ )



 


私如きが、軽々しく書く事ではないと思うのだが。。。

太陽に黒点が少なく、小氷期の兆しが現れているのだそうだ。

巨大地震頻発、空は曇り太陽の陽射しを遮り、地表は酷寒になる。
フランス革命が起こった当時と同じ様な様相になるだろう。
 1789年5月5日 – 1799年11月9日
(色んな悪条件が、揃った時にそうなるのだろうと、思いたい)

2030年を境に小氷河期に向かう?   今は、酷暑との闘い。
小氷河期になる前は、気候が乱れるとも! 
なんと、恐ろしいことを!
 
この番組は、確固たる調査の結果を発表したのと同じなのだ。
驚き、地球グレートネイチャーNHK TV

番組の最後のナレーション  
 ✴️ [そんな中でも人間は生き延びて来ているから、大丈夫]  だと、言う!

今は、ありゆる叡智のもと、餓死などと言うことは考えられないけど
(それだけに文明の利器頼りも如何かと)
 
大体、歴史に残る、有名な事件の前は、
  • 民衆にとって、飢餓状態だったのが、察せられる。
✳︎日本における、江戸時代のコメよこせの一揆も、寒冷な気候だった様で、
天明の飢饉➡︎        食料不足で一揆フランス革命と同じような年代
江戸時代って、寒かったのね。

周期的に気候が寒冷と酷暑が入り乱れ、
小氷期と言われた時代で、フランス革命なども、起こったとの説を放映していた。
 
日本における酷寒と、ヨーロッパの寒さは、段違いの様だけど。

日本で気温の記録は無く、明治時代になってからの気温記録があるとか。

今、スイスでの気温が40℃と、異常に高く、小氷期の前提ではと言われている。

話変わって、ニュースアプリの [スイスインフォ]と言うのを見ている。
アプリ  4DAAFC48-8F2E-4652-8024-D66A8ADC90DF

そこからお借りした、スイスでの光景。(2018年)











昨年は、こんなに大きくなかったのに。
自然発芽して、生命力発揮かな?
IMG_0558
虫が好む。ハエみたいなのが、白い花の上に乗っかっているから、すぐわかる。
C88CE5D6-FB2D-4DEA-9647-BD40C51C6EE9
乱れに乱れて、チョッキンしなきやー
IMG_0561

IMG_0557
こちらも隣のバラの肥料横取りしたの?
やたらにのっぽになってる。
FullSizeRender
花を観るのに首伸ばさなきゃ。😓

 






昔は.さぞかし賑わったであろう階段。
先日ある場所の階段で見た、枯れ枝に思わず、手を伸ばした。

よくよく見ると、綺麗だなぁ!と、思った。
FullSizeRender
枝には、苔様の物が張り付いている。

FullSizeRender
これなどは、アートだ。何の実?
FullSizeRender
石段には、何年物か、分からない苔と
対比して、妙に枯れ枝が見事だ。
FullSizeRender
苔の種類も多数あるけど、いざ、名前は?と、聞かれたら全然知らない( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
調べてみました( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) http://mossplan.co.jp/gallery/closeup/index.html
苔だらけ😱
IMG_0113
振り向けば
      森羅万象
            土 (ち) に帰る

Kindle本  買っちゃった( ˊ̱˂˃ˋ̱ )  
少し読んだら、とても分かりやすく書かれている!
好奇心の塊と言われても良いのだ!

地球上の21世紀には、100億人の人間が存在することになるらしい。

その時、一人分の耕作面積は、14メートル✖️14メートル😰ほんと?
食べて行ける?

地球上には、耕作できる土地はどんだけー?
どんどん砂漠化が進んでいる!

と、本を読みだしたばかりなのに心配になって来た!

地球の土は、何で出来たのか?

風化した岩石など、植物の腐蝕したもの、そして重要な役目をしているのが、粘土質、これらを混ぜてくれるのがミミズやダンゴムシなどにより混ざり合って、豊かな実りを与えてくれる土となる。云々!

荒れた土は、酸性なので、野菜はアルカリで育つ!
(花でもたーんまに酸性を好むものもいるけど)
それが普通なのだけど、雨は酸性を含んでいるって事らしい!

酸性雨が多過ぎると大変なことになるが、下記に詳しく!
https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/acid/change_acid.html

野菜類を育てるには、普通苦土石灰を撒いて、アルカリにしてから種を蒔く。

専門家の書いた本を読むと、目から鱗が、いーっーぱーい!

さて、JAXAのハヤブサが採取して来た土の分析が楽しみ!

        土 地球最後のナゾ
100億人を養う土壌を求めて
藤井一至/著
040A875C-AC82-4719-9181-EAB463BA0269

土は地味だ。その研究者の扱いも、宇宙飛行士とは雲泥の差がある。空港で土とスコップの機内持ち込みを謝絶されて落ち込んでいる大人を見たことがあるだろうか。業務として土を掘っているのに、通報され、職務質問を受けることすらある。やましいところは一切なく、土を掘るのを仕事にしている。何を好き好んで土なんて掘っているのかと思われるかもしれない。家や道をつくるためでもなければ、徳川埋蔵金を捜すためでも……ない。100億人を養ってくれる肥沃な土を探すためだ。(「まえがき」を一部改変)世界の土はたった12種類。しかし、毎日の食卓を支え、地球の未来を支えてくれる本当に「肥沃な土」はどこにある? そもそも土とは一体何なのか?泥にまみれて地球を巡った研究者の汗と涙がにじむ、一綴りの宝の地図

地球上には、圧倒的に不毛の土が多いんだなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

地球の土は、諸々の恩恵を頂きながら、手入れしてこそなのねー
人口の多いところでは、砂漠化すると、たちまち食糧難になる。

雨も大事。  風も大事。 森も大事。   勿論、太陽は大事!














 


 

思い出の黄色い百合は、今年も元気に咲いていたが、もう終わり!
88B38B2C-0287-4A12-9F89-06782FA8DB39
体調が思わしくなかった、猫のまるは、震災直前に虹の橋を渡っていった!
震災時、私たちに面倒をかけたくないと、猫の直感で思いやって逝ったのか!
などと、人間同様の扱い。

我が家に来る時は、薄暗い電柱の街灯の
下で貰い受けた。

引っ越すことになり、まるを連れて
この東北へ越してきたのだった!

奈良から、中央道をひた走り、車の中では、ウロウロと動き通しだったらしい。
わたしは、一足先に飛行機で来ていた。
833767AC-62F5-413C-9CAB-14346B97ABAD
そのまるは、今は居ない!
でもわたしの心には、今でも大きく存在している。

最後の夜真夜中だった、枕元でコトっと音がして、わたしは飛び起きた。
動けないはずのまるが、這い出ようとして、箱から落ちていた。

水を口元に持って行くと、舐めた途端にこと切れた!

あなたー!
もう駄目ーと、悲鳴をあげると、
隣の部屋にいる夫も事の次第を直感したのか飛んで来た!

その翌日、雪の降る中を泣きながら、焼き場へとひた走る。

その焼き場もまるの死後、間なしに津波で荒らされた。

焼き場の周辺は、町一つが消え去ったのだった!

(最近、嵩上げした土地に家が建ちつっあり、
ニュースで、消えた町の復興の様子を見れた)
C80DED39-6692-4E7F-83DE-6F3BBD8D4B4A
 その後、津波にやられて後片付けに追われる日々だった!

そういう意味では、まるの事を考える時間は無かったが、片付けも一段落し、
落ち着いてきて、虚しさに 苛まれる様になった!

そして旅に出よう!
車で太平洋側から、日本海の海の島 [佐渡] に行って、海岸線一周して来た。

遠くに小さくトンネルが見える。
27CF0DEE-93D1-4E6B-B947-9F3B99BE5BE4
近ずくと、大きな岩石があったところを掘ったトンネルでした。
佐渡海岸線トンネル

 (いずれ佐渡の写真をアップするつもり)

パソコンをWindows10にバージョンアップして、ほとんど使っていないので、
写真なども名前の変更をしていない。

過去10年来の膨大な画像を見ている暇がない。

取り敢えず、ちょこっとだけ。
まず、写真に名前をつけなきゃ!  

と、手探りで、写真を探していたら、
フォルダの中の写真一覧、ウイン10ではビュレビユー画像を見れない?

名前がなくても小さな画像でのビュレビユーは、ウイン7の時には、見れたと思うんだけど???

10では、pc自体の中がころっと変わっている。
まるで、iOSみたい😓

設定変更か?面倒だなぁ!
画像閲覧のソフトでもあるのかな?

面倒な事をしながら、適当に一枚アップ➕1 をアップしてみた。

画像を8年間、全然開けて居なかったと、いう事だ。😂 

佐渡には、トキがいる。
トキの森公園のページでは、ストリートビューが観られます!
 http://tokinotayori.com/tokipark/
その時買ってきたのがこの百合の球根は、朱鷺のいる公園内のお店で買った。

あれから、もう8年余り過ぎた!



 





 

このページのトップヘ